一般職員

1 試験区分、採用予定人員、受験資格等

試験区分 採用予定人員 受験資格
一般事務職 若干名 平成3年4月2日から平成16年4月1日までに生まれた者
一般事務職
(障害者対象)
1人程度

昭和61年4月2日から平成16年4月1日までに生まれた者で、次の各号のいずれかに該当するもの

⑴ 身体障害者手帳の交付を受けている者

⑵ 都道府県知事の定める医師(以下「指定医」という。)若しくは産業医による障害者の雇用の促進等に関する法律(昭和35年法律第123号)別表に掲げる身体障害を有する旨の診断書・意見書(心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫又は肝臓の機能の障害については、指定医によるものに限る。)の交付を受けている者

⑶ 都道府県知事若しくは政令指定都市市長が交付する療育手帳の交付を受けている者

⑷ 児童相談所、知的障害者厚生相談所、精神保健福祉センター、精神保健指定医若しくは障害者就業センターによる知的障害者であることの判定書の交付を受けている者

⑸ 精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている者

保健師 1人程度 昭和57年4月2日以降に生まれた者で保健師の資格を有するもの又は令和4年3月末日までに国家試験で資格を取得する見込みのもの
歯科衛生士 1人程度 昭和57年4月2日以降に生まれた者で歯科衛生士の資格を有するもの

※ 共通事項

⑴ 学校教育法に基づく高等学校卒業程度(令和4年3月卒業見込みの者を含む)の学力を有する者

⑵ 職員に採用後は、志布志市内に居住できる者

⑶ 次のいずれかに該当する者は受験できません
 ア 日本国籍を有しない者
 イ 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで、又はその執行を受けることがなくなるまでの者
 ウ 志布志市職員として懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない者
 エ 日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者

⑷ 採用に当たっては、受験資格に該当しないことが明らかになった場合、「合格」は「取消し」となります

2 試験の期日及び場所

(1) 一般事務職、保健師及び歯科衛生士

試験区分 期日 試験会場 追記事項
第1次試験 令和3年9月19日(日) コミュニティセンター志布志市文化会館2階集会室
住所:志布志市志布志町志布志2238番地1
電話:099-472-3050
 
第2次試験

令和3年10月24日(日)
(1次試験合格者のみ実施)

第1次試験合格通知の際にお知らせします。

(10月8日追記)

第1グループ受付開始時間 8:00~

第3次試験 令和3年11月14日(日)(予定)
(2次試験合格者のみ実施)
第2次試験合格通知の際にお知らせします。  

(2) 一般事務職(障害者対象)

試験区分 期日 試験会場
第1次試験 令和3年9月19日(日) コミュニティセンター志布志市文化会館2階集会室
住所:志布志市志布志町志布志2238番地1
電話:099-472-3050
第2次試験 令和3年11月14日(日)
(1次試験合格者のみ実施)
第1次試験合格通知の際にお知らせします。

3 試験の方法及び内容

(1) 一般事務職、保健師及び歯科衛生士

試験区分 試験科目 内容
第1次試験 教養試験(120分) 高等学校卒業程度の一般教養について択一式により行います。
作文試験(60分) 与えられたテーマについて、記述式により行います。
適性検査(20分) 職務上必要な適性について、検査を行います
第2次試験 面接試験 人物人柄等について、集団討論試験及び個別面接試験を行います。
第3次試験 適性検査(15分) 職務上必要な適性について、検査を行います
面接試験 人物人柄等について、個別面接試験を行います。

(2) 一般事務職(障害者対象)

試験区分 試験科目 内容
第1次試験 教養試験(75分) 高等学校卒業程度の一般教養について択一式により行います。
作文試験(60分) 与えられたテーマについて、記述式により行います。
適性検査(20分) 職務上必要な適性について、検査を行います
第2次試験 適正検査(15分) 職務上必要な適正について、検査を行います。
面接試験 人物人柄等について、個別面接試験を行います。

4 受験申込手続及び受付期間

受付は終了しております

5 合格通知(一般事務職、保健師及び歯科衛生士)

  1. 第1次試験
    令和3年10月上旬頃までに受験者全員に文書で通知します。志布志市職員募集サイトでも発表します。
  2. 第2次試験
    令和3年11月上旬頃までに受験者全員に文書で通知します。志布志市職員募集サイトでも発表します。
  3. 第3次試験
    令和3年12月上旬頃までに受験者全員に文書で通知します。また、志布志市役所掲示板へ公告及び志布志市職員募集サイトでも発表します。

6 合格通知(障害者対象)

  1. 第1次試験
    令和3年10月上旬頃までに受験者全員に文書で通知します。志布志市職員募集サイトでも発表します。
  2. 第2次試験
    令和3年12月上旬頃までに受験者全員に文書で通知します。また、志布志市役所掲示板へ公告及び志布志市職員募集サイトでも発表します。

7 採用の方法

 最終合格者は、採用候補者名簿に登載し、志布志市職員に欠員が生じたとき、その中から採用者を決定することになります。この名簿の有効期間は、原則として1年間です。

8 試験結果の開示

 採用試験の結果については、下記のとおり開示を請求することができます。

開示対象 開示内容 開示の期間 開示の場所
各試験不合格者 得点及び順位 各試験合格発表の日から1か月間 志布志市役所 総務課
秘書人事係

※ 開示申し出は受験者本人(代理不可)が受験票及び本人であることを証明する書類(運転免許証等)を持参することを条件とします。

9 給与・勤務条件等

 給与は、志布志市一般職の職員の給与に関する条例等に基づき支給されます。
 令和3年4月1日に適用されている現行条例では、基準となる給料月額は、高卒で150,600円です。職務経歴・修学年数等のある場合はこの額に一定の基準で加算されることがあります。(4年制大学卒業の場合:171,700円)
 このほか、住居手当、通勤手当、期末手当、勤勉手当等がそれぞれの手当支給条件に応じて支給されます。
 勤務時間は、令和3年4月1日現在、原則として1日7時間45分、週38時間45分で週休2日制です。また、年次有給休暇、病気休暇、特別休暇等があります。

10 令和2年度の申込者数等

試験区分 申込者数 最終合格者数 令和3年4月1日採用者数
一般事務職 27
土木技術職 12
社会福祉士
歯科衛生士

11 採用試験に関する問合せ先

志布志市役所 総務課 秘書人事係
  〒899-7192 鹿児島県志布志市志布志町志布志2丁目1番1号
  ℡099-472-1111(内線404)
 志布志市職員募集サイト https://www.city.shibushi.lg.jp/shokuinbosyu/

志布志市職員募集サイト
2次元バーコード

仕事と育児の両立支援制度

職員が取得できる育児休業、休暇制度を一部紹介します。
※掲載以外にもさまざまな制度があります。

産前産後休暇・・・・産前8週間、産後8週間
育児休業・・・・・・子が3歳に達するまでの期間
育児短時間勤務・・・子が小学校に入学するまで勤務時間を週19時間25分から週24時間35分の範囲で短縮
部分休業・・・・・・子が小学校に入学するまでの期間で1日2時間を越えない範囲
配偶者出産休暇・・・配偶者の出産のための入院日から出産後2週間までの期間に2日
配偶者出産に伴う育児参加休暇・・・配偶者の産前6週間、産後8週間までの期間に5日
子の看護休暇・・・・子の中学校就学までに年間5日
早出遅出勤務・・・・子が小学校に入学するまでの期間で始業・就業時刻の変更が可能

会計年度任用職員

現在募集しておりません。

地域おこし協力隊

現在募集しておりません。