○志布志市高齢者元気度アップ・ポイント事業実施要綱

平成25年3月29日

告示第41号

(目的)

第1条 この要綱は、介護保険法(平成9年法律第123号)第115条の45第1項に規定する地域支援事業を活用して、志布志市高齢者元気度アップ・ポイント事業(以下「元気度アップ事業」という。)を実施することにより、高齢者の介護予防、健康増進、生きがいづくり及び社会参加の促進を図り、もって高齢者の福祉の向上に資することを目的とする。

(基本方針)

第2条 元気度アップ事業の実施に当たっては、次の効果を上げることができるよう配慮するものとする。

(1) 介護予防活動及び地域包括ケアシステムへの市民の関心が高まること。

(2) 高齢者が社会参加活動を通じて自らの能力を発揮し、元気に過ごすこと。

(ポイント付与対象活動)

第3条 元気度アップ事業のポイントの付与の対象となる社会参加活動(第8条において「ポイント付与対象活動」という。)は、次に掲げるとおりとする。

(1) 地域で行われる高齢者を対象とするサロン活動

(2) 介護保険施設におけるボランティア活動

(3) 小学校、認定こども園、幼稚園等におけるボランティア活動

(4) 老人クラブでの美化活動等

(5) 市又は交通安全協会主催の高齢者交通安全教室

(6) 市主催のグラウンドゴルフ大会

(7) その他市長が特に必要と認める活動

(活動団体の登録)

第4条 元気度アップ事業に参加しようとする団体は、高齢者元気度アップ・ポイント事業活動団体登録申請書(様式第1号)を市長に提出しなければならない。

2 市長は、前項の規定による申請があったときは、その内容を審査し、登録の可否を決定し、高齢者元気度アップ・ポイント事業活動団体登録決定(却下)通知書(様式第2号)により、当該申請をした団体に通知するものとする。

3 市長は、前項の規定により登録した団体(以下「登録団体」という。)の団体名、活動内容その他元気度アップ事業の実施に関する事項を公表するものとする。

(登録団体の取消し)

第5条 市長は、登録団体が次のいずれかに該当するときは、当該登録を取り消すことができる。

(1) 登録の取消しを申し出たとき。

(2) 偽りその他不正の手段により登録を受け、又はポイントを付与したとき。

(3) その他市長が元気度アップ事業に参加することが不適当と認めるとき。

2 市長は、前項の規定により登録団体の登録を取り消したときは、高齢者元気度アップ・ポイント事業活動登録取消決定通知書(様式第3号)により当該登録団体に通知するものとする。

(参加者の登録)

第6条 元気度アップ事業へ参加することができる者は、本市の介護保険第1号被保険者とする。

2 元気度アップ事業へ参加しようとする者は、高齢者元気度アップ・ポイント事業参加登録申請書(様式第4号)を市長に提出しなければならない。

3 市長は、前項の規定による申請があったときは、登録の可否を決定し、登録する場合は、当該申請者に対し、ポイントカードを交付するものとする。

(登録者の取消し)

第7条 市長は、前条の規定による登録を受けた者(以下「登録者」という。)が次のいずれかに該当するときは、当該登録を取り消すことができる。

(1) 本市の介護保険第1号被保険者でなくなったとき。

(2) 偽りその他不正の手段によりポイントを取得したとき、又は取得したポイントを保養所利用券、地域特産品商品券又はひまわり券(以下「保養所利用券等」という。)と交換したとき。

(3) その他市長が元気度アップ事業を利用することが不適当と認めるとき。

(ポイントの付与)

第8条 登録団体は、自らが実施するポイント付与対象活動に参加する登録者に対し、ポイントを付与するものとする。

2 ポイントの付与は、登録団体が登録者のポイントカードにスタンプを押印することにより行うものとする。

3 付与するポイントの数は、ポイント付与対象活動への参加1回につき1ポイントとする。ただし、1日につき1ポイントを上限とする。

4 付与されたポイントは、第三者に譲渡することはできない。

(保養所利用券等との交換)

第9条 登録者は、取得したポイントを、1ポイント100円とし、1年度につき5,000円を上限に保養所利用券等と交換することができる。ただし、交換できるポイントは、2ポイントごとに200円分の保養所利用券等とする。

2 前項の交換は、1年度につき1回実施することとし、市長の指定する日までに高齢者元気度アップ・ポイント交換申請書(様式第5号)を市長に提出することにより行うものとする。

3 介護保険料に未納又は滞納がある場合は、取得したポイントを保養所利用券等と交換することができないものとする。

4 市長は、第2項の規定による申請があったときは、その内容を審査し、交換の可否を決定し、高齢者元気度アップ・ポイント事業ポイント交換決定(却下)通知書(様式第6号)により当該申請者に通知するものとする。

5 交換しなかったポイント(3月中に付与されたポイントを除く。)は、翌年度に繰り越すことができない。

(ポイントの管理)

第10条 市長は、登録者のポイントの総数及び保養所利用券等と交換したポイント数について、元気度アップ事業が廃止された年度の翌年度まで、適切に管理するものとする。

(事業の評価)

第11条 市長は、毎年度、元気度アップ事業について、介護予防及び健康増進への効果を検証し、評価を行うものとする。

(その他)

第12条 この要綱に定めるもののほか、元気度アップ事業の実施に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

この告示は、平成25年3月29日から施行し、平成24年4月1日から適用する。

附 則(平成25年10月1日告示第94号)

(施行期日)

1 この告示は、平成25年10月1日から施行し、改正後の志布志市高齢者元気度アップ・ポイント事業実施要綱の規定は、同年4月1日から適用する。

(経過措置)

2 この告示の施行の際現にあるこの告示による改正前の様式(以下「旧様式」という。)により使用されている書類は、この告示による改正後の様式によるものとみなす。

3 この告示の施行の際現にある旧様式による用紙については、当分の間、これを取り繕って使用することができる。

附 則(平成26年3月31日告示第33号)

この告示は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月31日告示第27号)

この告示は、平成27年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

志布志市高齢者元気度アップ・ポイント事業実施要綱

平成25年3月29日 告示第41号

(平成27年4月1日施行)