○志布志市水道事業水道施設の毀損等に係る実費等徴収規程

平成20年3月12日

水道事業管理規程第1号

(趣旨)

第1条 この規程は、水道施設を毀損する行為又は水道管の補強その他水道管の現状を変更する必要を生じさせた行為(以下「毀損等」という。)に係る実費等の徴収に関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この規程において「水道施設」とは、次に掲げるものをいう。

(1) 市が所有する水道導水管、送水管、配水管及び給水管

(2) 前号に掲げるものに附帯する仕切弁、空気弁、消火栓等の諸施設

(3) 志布志市水道事業の管理者の権限を行う市長(以下「管理者」という。)が布設した配水管から分岐して設けられた給水管

(工事の事前協議)

第3条 管理者が施行する水道施設工事以外の工事の発注者又は施工者は、水道施設に与える影響について、工事着手前に工事内容及び施工方法を管理者と協議しなければならない。

(毀損等の通報等)

第4条 水道施設に毀損等を与えた者は、直ちに管理者に通報し、その指示を受けなければならない。

2 前項に規定する水道施設毀損等事故の対応後、水道施設に毀損等を与えた者は、速やかに水道施設毀損等事故報告書(別記様式)により、事故の原因、事故後の対応等について管理者に報告しなければならない。

(実費等の原因者負担)

第5条 管理者は、水道施設に毀損等を与えた者に対し、別表により算出した実費等を徴収することができる。

(事故対応)

第6条 土木工事等の発注者は、施工者と連携して水道施設毀損等事故の対応に努めるものとする。

(実費等徴収の対象外)

第7条 管理者は、次の各号のいずれかに該当する場合は、第5条に規定する実費等を徴収しない。

(1) しゅん工後に地盤沈下等により水道施設に毀損等を与えた場合

(2) 職員が現場立会いを行ったにもかかわらず、水道管の深さ、位置等が確認できなかったため水道施設に毀損等を与えた場合

(3) 職員の現場立会い中に水道施設に毀損等を与えた場合。ただし、管理者の指示に従わず毀損等を与えた場合は、この限りでない。

(4) 前3号に定めるもののほか、不可抗力と管理者が認める場合

(納付)

第8条 第5条に規定する実費等は、管理者が発行する納付書により、管理者が請求した日から30日以内に納めなければならない。

(その他)

第9条 この規程に定めるもののほか、実費等の徴収に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

この規程は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成23年3月30日水道事業管理規程第6号)

(施行期日)

1 この規程は、平成23年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規程の施行の際現にあるこの規程による改正前の様式(以下「旧様式」という。)により使用されている書類は、この規程による改正後の様式によるものとみなす。

3 この規程の施行の際現にある旧様式による用紙については、当分の間、これを取り繕って使用することができる。

別表(第5条関係)

毀損等に係る徴収区分及び徴収額

区分

説明及び徴収額

工事費

復旧工事に要する費用一式(材料費、労務費、道路復旧費、諸経費等)

出動費

直接工事の監督又は指導等に従事した職員の出動費として次により算出した費用

管理者が定める労務単価により算出した1時間当たりの単価(土木一般世話役日単価/8時間)×実働時間×出動人数

損失水道料金

次により算出した水道料金

損失水道料金=漏水水量×従量料金(志布志市水道給水条例(平成18年志布志市条例第185号)別表第1に規定する臨時用の従量料金をいう。以下同じ。)

上記により難い場合は、次により算出した費用の合計

(1) 漏水水道料金

(漏水損失水量×漏水時間+洗管に要した水量)×従量料金

(2) 給水水道料金

給水に要した水量×従量料金

備考

1 漏水水量は、漏水の時間帯の配水量と漏水があった日の前後5日間の同時間帯の平均配水量との差とする。ただし、大規模漏水の場合は、漏水があった日の配水量とその日の前後5日間の平均配水量との差とする。

2 実働時間、漏水時間及び漏水の時間帯は、毀損等事故の発生から修理完了までの時間とする。

3 漏水損失水量は、次により算定した水量とする。

(1) 毀損管口径25ミリメートル以下

口径

(mm)

延長

(m)

基準水圧

(m)

流速

(m/s)

損失水量

(m3/min)

(m3/h)

13

7.0

30.0

7.49

0.06

3.58

20

10.5

30.0

7.88

0.15

8.91

25

21.5

30.0

6.07

0.18

10.73

算定基準

ウエストン公式による算定

画像

算式の符号

H 基準水圧(m)

V 流速(m/s)

D 口径(m)

L 延長(平均2m+附属設備直管換算長)

g 重力加速度(9.8m/s2)

I 動水勾配(‰)

h 分水栓等損失(m)

Q 流量(m3/s)

給水用具の標準使用水量

給水用具の口径

(mm)

13

20

25

標準使用水量

(ι/min)

17

40

65

(ι/sec)

0.283

0.667

1.083

各種給水用具等による損失水頭の直管換算長の算出

給水用具の口径

(mm)

13

20

25

分水栓損失

(m/個)

1.1

0.7

0.8

メーター損失

(m/個)

1.0

1.5

3.5

分水栓等損失計h

(m)

2.1

2.2

4.3

動水勾配I

(‰)

420

260

220

直管換算長L(L=h/I×1000)

(m)

5.0

8.5

19.5

延長

(m)

7.0

10.5

21.5

(2) 毀損管口径30ミリメートル以上

ア 亀裂又は折損の場合

破損長

(mm)

流量係数

面積

(m2)

流速

(m/s)

損失水量

(m3/min)

(m3/h)

10

0.62

0.0001

24.25

0.09

5.41

20

0.62

0.0002

24.25

0.18

10.83

30

0.62

0.0003

24.25

0.27

16.24

40

0.62

0.0004

24.25

0.36

21.65

50

0.62

0.0005

24.25

0.45

27.06

60

0.62

0.0006

24.25

0.54

32.48

70

0.62

0.0007

24.25

0.63

37.89

80

0.62

0.0008

24.25

0.72

43.30

90

0.62

0.0009

24.25

0.81

48.71

100

0.62

0.0010

24.25

0.90

54.13

(注)亀裂幅は10ミリメートルとし、破損面積は破損長に破損幅10ミリメートルを乗じて得た数値とする。

イ 孔が生じた場合

破損長

(mm)

流量係数

面積

(m2)

流速

(m/s)

損失水量

(m3/min)

(m3/h)

10

0.62

0.00008

24.25

0.07

4.33

20

0.62

0.00031

24.25

0.28

16.78

30

0.62

0.00071

24.25

0.64

38.43

40

0.62

0.00126

24.25

1.14

68.20

50

0.62

0.00196

24.25

1.77

106.09

60

0.62

0.00283

24.25

2.55

153.18

70

0.62

0.00385

24.25

3.47

208.39

80

0.62

0.00503

24.25

4.54

272.25

90

0.62

0.00636

24.25

5.74

344.24

100

0.62

0.00785

24.25

7.08

424.89

算定基準

オリフィスの定義による算定

画像

算式の符号

Q 流量(m3/s)

Cv 流速係数(Cv≒0.95~0.99)

Cc 収縮係数(Cc=a0/a≒0.60~0.70)

a 断面積(m2)

V 流速(m/s)

C 流量係数(C=Cv×Cc≒0.60~0.64)

g 重力加速度(9.8m/s2)

H 基準水圧(m)。配水管内平均圧力を30メートルとする。

4 洗管に要した水量は、1時間当たり10立方メートルを基準とし、毀損等事故に伴い水道使用者に対し水道料金の減額を行ったときは、その減額となる対象水量を加算する。

画像

志布志市水道事業水道施設の毀損等に係る実費等徴収規程

平成20年3月12日 水道事業管理規程第1号

(平成23年4月1日施行)