○志布志市水道事業管理規程

平成18年1月1日

水道事業管理規程第1号

(目的)

第1条 この規程は、水道課(以下「課」という。)の組織及び業務執行に当たっての内部管理事務の処理等に関し必要な事項を定め、もって水道事業の能率的な運営を図ることを目的とする。

(係及び事務分掌)

第2条 課に次の係を置き、その事務分掌は、次のとおりとする。

総務係

(1) 水道事業の総合調整に関すること。

(2) 職員の任免、給与、服務、賞罰その他身分に関すること。

(3) 職員の研修、勤務評定その他勤務条件に関すること。

(4) 職員の福利厚生及び衛生管理に関すること。

(5) 条例、規程等の制定改廃に関すること。

(6) 文書及び公印に関すること。

(7) 予算及び決算に関すること。

(8) 出納その他会計事務に関すること。

(9) 企業債、一時借入金及び資金計画に関すること。

(10) 契約に関すること。

(11) 物品の購入、検収、保管及び出納に関すること。

(12) 広報に関すること。

(13) 業務統計に関すること。

(14) 他の係の所管に属さない事項に関すること。

(15) 課内の危機管理に係る調整に関すること。

(16) 課内の庶務に関すること。

工務係

(1) 事業計画の策定及び調整に関すること。

(2) 水道施設の設計及び工事施行に関すること。

(3) 水道施設の維持及び管理に関すること。

(4) 水道施設の災害対策及び災害復旧に関すること。

(5) 給水装置工事の指導、立入検査及び監督に関すること。

(6) 指定給水装置工事事業者の指定に関すること。

(7) 修繕工事の設計及び工事施行に関すること。

(8) 本管の漏水調査及び漏水防止に関すること。

(9) 送配水記録の整理及び報告に関すること。

(10) 水質検査に関すること。

(11) 船舶給水に関すること。

(12) 資産の管理に関すること。

業務係

(1) 量水器検針及び給水管理に関すること。

(2) 水道料金等の調定に関すること。

(3) 水道料金等の徴収及び減免に関すること。

(4) 水道料金等の滞納処分及び不納欠損処分に関すること。

(5) 停水処分に関すること。

(6) 給水の開始、休止及び廃止に関すること。

(7) 貯蔵品の管理及び出入庫に関すること。

(8) 給水管の漏水調査及び漏水防止に関すること。

(職員の職)

第3条 職員の職は、役付職員の職と一般職員の職とに分ける。

2 役付職員の職として、別表第1に掲げる職を置く。

3 一般職員の職として、別表第2に掲げる職を置く。

(課に置く職)

第4条 課に課長及び係長を置く。

2 課に参事、課長補佐、主幹、技術主幹、主任主査、技術主任主査、主査、技術主査、主事、技師、主事補、技師補及び技術員を置くことができる。

(職務)

第5条 課長は、上司の命を受け、課の事務を掌理し、所属職員を指揮監督する。

2 参事は、上司の命を受け、特に重要な特命に関する事務を処理する。

3 課長補佐は、上司の命を受け、課長を補佐する。

4 主幹及び技術主幹は、上司の命を受け、重要な特命に関する事務を処理する。

5 係長は、上司の命を受け、係の事務を掌理する。

6 主任主査及び技術主任主査は、上司の命を受け、特命に関する事務を処理する。

7 主査、技術主査、主事、技師、主事補、技師補及び技術員は、上司の命を受け、係の事務を処理する。

(事務の代決)

第6条 水道事業の管理者の権限を行う市長(第11条において「管理者」という。)が不在のときは、課長がその事務を代決する。

2 課長が不在のときは、課長補佐がその事務を代決する。

3 課長及び課長補佐がともに不在のとき、又は課長補佐を置かない場合で課長が不在のときは、主務係長がその事務を代決する。

(代決の制限)

第7条 前条の規定による代決は、特に命令する場合のほか、異例又は重要と認めるものについては、これをすることができない。

(専決事項)

第8条 課長の専決することができる事項(以下「専決事項」という。)は、別に定めるもののほか、志布志市事務決裁規程(平成18年志布志市訓令第2号)の規定を準用する。この場合において、同規程の規定中「副市長」、「総務課長」又は「財務課長」とあるのは、「課長」と読み替えるものとする。

(専決の制限)

第9条 課長は、この規程に定める専決事項であっても、次の各号のいずれかに該当するときは、管理者の決裁を受けなければならない。

(1) 事案が重要であると認めるとき。

(2) 取扱上異例に属し、又は先例になると認めるとき。

(3) 紛議があるとき、又は処理の結果紛議を生ずるおそれがあると認めるとき。

(4) 職員の任命、給与、分限及び賞罰に関する事案であるとき。

(5) その他管理者に事案が了知される必要があるとき。

(類推による専決)

第10条 課長は、この規程において専決事項として定められていない事項であっても、事案の内容により、専決することが適当であると認められるものは、この規程に準じ、専決することができる。

(報告)

第11条 課長は、必要があると認めるときは、専決した事項を管理者に報告しなければならない。

(公印の名称等)

第12条 公印の名称、個数、寸法、型、書体、使用区分及び保管者は、別表第3に定めるとおりとする。

(志布志市公印規則の適用)

第13条 前条に規定するもののほか、公印の取扱いについては、志布志市公印規則(平成18年志布志市規則第11号)の規定の例による。

(文書の記号)

第14条 文書には、志水の記号を付ける。

(志布志市文書処理規程の適用)

第15条 前条に規定するもののほか、文書事務については、志布志市文書処理規程(平成18年志布志市訓令第8号)の規定の例による。

附 則

(施行期日)

1 この規程は、平成18年1月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規程の施行の日の前日までに、合併前の志布志町水道事業管理規程(昭和43年志布志町水道事業管理規程第1号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規程の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成19年3月28日水道事業管理規程第1号)

この規程は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成20年3月31日水道事業管理規程第2号)

この規程は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成23年3月30日水道事業管理規程第2号)

この規程は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成29年3月31日水道事業管理規程第2号)

この規程は、平成29年4月1日から施行する。

別表第1(第3条関係)

役付職員の職

1 課長

2 参事

3 課長補佐

4 主幹

5 技術主幹

6 係長

7 主任主査

8 技術主任主査

9 主査

10 技術主査

備考 この表の職には、当該職の置かれている組織の名称を冠するものとする。

別表第2(第3条関係)


一般職員の職

事務職

主事 主事補

技術職

技師 技師補

技能労務職

技術員

備考 この表の職には、当該職の置かれている組織の名称を冠するものとする。

別表第3(第12条関係)

名称

個数

寸法

書体

使用区分

保管者

水道事業の管理者の権限を行う市長印

1

方21ミリメートル

画像

隷書

水道事業の管理者の権限を行う市長名をもってする公文書用

課長

課長印

1

方21ミリメートル

画像

隷書

課長名をもってする公文書用

課長

企業出納員印

1

方15ミリメートル

画像

隷書

出納事務用

企業出納員

志布志市水道事業管理規程

平成18年1月1日 水道事業管理規程第1号

(平成29年4月1日施行)