○志布志市老人憩の家管理規則

平成18年7月4日

規則第145号

(趣旨)

第1条 この規則は、志布志市老人憩の家条例(平成18年志布志市条例第223号。以下「条例」という。)第12条の規定に基づき、志布志市老人憩の家(以下「老人憩の家」という。)の管理に関し必要な事項を定めるものとする。

(使用の許可申請)

第2条 条例第6条第1項の規定により老人憩の家の使用の許可を受けようとする者は、志布志市老人憩の家使用(変更、取消)許可申請書(様式第1号。以下「使用申請書」という。)により市長に申請しなければならない。

(使用の許可)

第3条 市長は、前条の規定による申請に基づき、老人憩の家の使用を許可するときは、志布志市老人憩の家使用(変更、取消)許可書(様式第2号。以下「使用許可書」という。)を交付するものとする。

(使用の変更及び取消し)

第4条 前条に規定する使用許可を受けた者(以下「使用者」という。)が当該使用許可を受けた事項を変更し、又は使用の取消しをしようとするときは、使用申請書に当該使用許可書を添えて速やかに市長に提出し、許可を受けなければならない。

2 前条の規定は、前項の許可について準用する。

(遵守事項)

第5条 使用者は、次に掲げる事項を守らなければならない。

(1) 使用した設備、備品等は、原状に回復して整理整頓すること。

(2) 所定の場所以外で飲食し、又は火気を使用しないこと。

(3) 許可を受けないで印刷物等を掲示し、又は配布しないこと。

(4) 許可を受けないで物品販売、募金等の行為を行わないこと。

(5) 他の使用者の迷惑となる行為をしないこと。

(6) 前各号に掲げるもののほか、係員の指示に従うこと。

(補則)

第6条 この規則に定めるもののほか、老人憩の家の管理に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成18年9月1日から施行する。

(経過措置)

3 この規則の施行の日の前日までに、旧規則の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成23年2月21日規則第1号)

この規則は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(令和2年3月19日規則第8号)

(施行期日)

1 この規則は、令和2年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際現にあるこの規則による改正前の様式(以下「旧様式」という。)により使用されている書類は、この規則による改正後の様式によるものとみなす。

3 この規則の施行の際現にある旧様式による用紙については、当分の間、これを取り繕って使用することができる。

画像

画像

志布志市老人憩の家管理規則

平成18年7月4日 規則第145号

(令和2年4月1日施行)