○志布志市公用車管理規則

平成18年1月1日

規則第10号

(趣旨)

第1条 この規則は、市の所有する公用車の管理に関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この規則において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 公用車 道路運送車両法(昭和26年法律第185号)第2条第2項に規定する自動車(消防用自動車及びマイクロバスを除く。)及び同条第3項に規定する原動機付自転車で、市が所有し、又は占有し、かつ、現に市が管理しているものをいい、公用車の種類は、次に掲げるとおりとする。

 共用車 を除く全ての公用車をいう。

 業務用車 特定の課等が業務の用に供する公用車をいう。

(2) 運転管理者 道路交通法(昭和35年法律第105号)第74条の3第1項の規定により選任された安全運転管理者をいう。

(3) 副運転管理者 道路交通法第74条の3第4項の規定により選任された副安全運転管理者をいう。

(4) 運転者 公用車を運転する者をいう。

(車両管理者)

第3条 公用車を所管する課等に車両管理者を置く。

2 車両管理者は、公用車を所管する課等の長及び公用車の管理をすべき職にある者をもって充てる。

3 車両管理者は、公用車の使用目的に応じて適正かつ効率的な運行を図るとともに、公用車の管理及び交通事故の防止に関し必要な措置を講ずるものとする。

(運転管理者等)

第4条 運転管理者及び副運転管理者は、法令で定める要件を備える者のうちから市長が選任する。

2 運転管理者は、上司の命を受け、公用車の安全運転に関する管理全般の職務に従事するものとする。

3 副運転管理者は、運転管理者の指揮を受け、運転管理者の職務を補佐し、運転管理者が不在のときは、その職務を代理する。

(使用の承認等)

第5条 公用車を使用しようとする者は、あらかじめ車両管理者の承認を受けなければならない。

2 前項の承認は、グループウェアに登載することにより、承認を受けたものとみなす。

3 第1項の承認を受けた者は、公用車運転日誌(様式第1号)に行き先、目的等必要事項を記入の上、所属長の承認を受けなければならない。

4 車両管理者は、業務上の都合又は乗務する運転者の健康状態、天候、行き先、走行距離及び使用の緊急性等により、運行計画を変更し、又は運行を制限し、若しくは経路の変更を命ずることができる。

(運転者の遵守事項)

第6条 運転者は、関係法令を遵守しなければならない。

2 運転者は、次に掲げる行為をしてはならない。ただし、災害その他やむを得ない理由による場合は、この限りでない。

(1) あらかじめ承認された使用内容に反して運行すること。

(2) 公務に関係のない者を便乗させること。

(3) 公用車を自宅に持ち帰ること。

3 前項ただし書の場合においては、公用車の使用終了後直ちに所属長、車両管理者及び運転管理者にその旨を報告しなければならない。

(運転者の指定)

第7条 所属長は、正規の自動車運転手を除き、あらかじめ運転者を指定し、運転管理者に届け出ておかなければならない。

2 公用車は、正規の自動車運転手を除き、前項の規定により届け出た者でなければ、これを運転することができない。

3 所属長は、第1項の規定により指定した運転者が次の各号のいずれかに該当するときは、当該運転者の指定を取り消し、新たに運転者の指定をするものとする。

(1) 道路交通法に違反する事実を理由として懲戒処分を受け、又は同法第6章第6節の規定により免許の取消し、停止等の処分を受け、若しくは同法第8章の規定により刑罰に処せられた者で、当該処分を受けた日又は刑罰に処せられた日から1年を経過しないものであること。

(2) 疾病等により職務に従事できない者であること。

(3) 配置換えにより当該課等に所属しなくなった者であること。

(事故の場合の措置)

第8条 運転者は、事故が発生したときは、道路交通法第72条第1項に規定する措置を講じなければならない。

(事故の報告)

第9条 運転者は、事故が発生したときは、直ちに事故報告書(様式第2号)により所属長及び運転管理者に報告しなければならない。

(職員の賠償責任)

第10条 職員が故意又は重大な過失により公用車を毀損し、又は破壊し、若しくは物を損壊したときは、地方自治法(昭和22年法律第67号)第243条の2の定めるところによる。

(清掃)

第11条 運転者は、公務を終了したときは、直ちに帰庁し、公用車の清掃をしなければならない。

(報告)

第12条 運転者は、清掃終了後、帰庁時刻、走行距離、清掃終了の事実等を公用車運転日誌に記入し、公用車の鍵を添えて車両管理者に提出し、その確認を受けなければならない。

(格納)

第13条 運転者は、点検終了後、車両管理者の指示に基づき、所定の場所に公用車を格納しなければならない。

(補則)

第14条 この規則に定めるもののほか、公用車の管理に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

この規則は、平成18年1月1日から施行する。

附 則(平成20年3月28日規則第29号)

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際現にあるこの規則による改正前の様式(以下「旧様式」という。)により使用されている書類は、この規則による改正後の様式によるものとみなす。

3 この規則の施行の際現にある旧様式による用紙については、当分の間、これを取り繕って使用することができる。

附 則(平成28年3月28日規則第19号)

(施行期日)

1 この規則は、平成28年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際現にあるこの規則による改正前の様式(以下「旧様式」という。)により使用されている書類は、この規則による改正後の様式によるものとみなす。

3 この規則の施行の際現にある旧様式による用紙については、当分の間、これを取り繕って使用することができる。

附 則(令和元年8月8日規則第2号)

この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像

志布志市公用車管理規則

平成18年1月1日 規則第10号

(令和元年8月8日施行)