固定資産の所有者が不明な場合に使用者を所有者とみなす制度について

2021年8月4日

 

    固定資産税は、原則として固定資産の所有者に課されますが、次のように固定資産の所有者が不明な場合においては、固定資産の使用者を所有者とみなして固定資産税が課されます。

 

 

 

  ・固定資産の所有者の所在が震災等の事由により不明である場合
 
(地方税法第343条第4項)

 

   固定資産の所有者の所在が震災、風水害、火災その他の事由により不明である場合は、その使用者を所有者とみなして固定資産税が課されます。

  この場合、あらかじめ、使用者の方に課税される旨が通知されます。

 

 

 

 

   ・調査を尽くしてもなお固定資産の所有者の存在が不明である場合
  
(地方税法第343条第5項)

 

  市が調査を尽くしてもなお固定資産の所有者の存在が一人も明らかにならない場合(固定資産の所有者の所在が震災等の事由により不明である場合(地方税法第343条第4項)を除く。)は、使用者を所有者とみなして、固定資産税が課されます。

  この場合、あらかじめ、使用者の方に課税される旨が通知されます。

  

 

お問い合わせ

税務課
固定資産税係
電話:099-474-1111