令和3年度 耐震診断・耐震改修助成メニュー

2021年9月30日

令和3年度 耐震診断・耐震改修助成事業 募集案内

 

 耐震診断・耐震改修助成については、以下の申請条件等及び申請書書式をご確認下さい。

 ■条件等

 1.助成対象者

  • 市内に居住し、住民登録又は外国人登録を有する者であること。
  • 市税等を滞納していないこと。
  • 過去に市から同様の助成金の交付を受けていないもの。
  • 交付決定の通知を受けるまでに工事に着手していないもの。

    (事前着工は対象となりません)(令和3年度:特例措置対象)

 

 2.助成対象

  • 耐震診断においては、木造住宅で地上階数が2以下であり、昭和56年5月31日以前に着工されたもので、別途、市が指定する方法により、鹿児島県木造住宅耐震技術講習会受講修了者名簿に登録された者(以下「耐震診断技術者」という)が耐震診断した木造住宅。
  • 耐震改修工事においては、耐震診断(一般診断法及び精密診断法)における上部構造耐力の評点が1.0未満である木造住宅。

 

 3.助成金の額

  • 耐震診断においては助成対象経費に3分の2を乗じて得た額とし、木造住宅1棟につき6万円を助成限度額とします。
  • 耐震改修工事においては助成対象経費に3分の1を乗じて得た額とし、木造住宅1棟につき30万円を助成限度額とします。

 

 4.助成対象工事等

  • 耐震診断及び耐震改修工事

 

 ■申請に必要なもの(※申請前に必ず市と事前協議が必要となりますのでご注意下さい。)

  • 志布志市住宅リフォーム助成事業交付申請書
  • 市税の滞納がないことの証明書
  • 工事見積書の写し(内訳明細の付いたもの)
  • 工事箇所及び内容の分かる図面等
  • 住宅の全体及び工事予定箇所の写真
  • 住宅の周辺地図
  • 住宅の所有者を特定できる書類
  • 事前協議書
  • その他窓口において指定する書類(確認申請等の条件により必要となる書類の写し等)
    ※申請手続きを登録店に委任することもできます。
    その際は委任状を提出してください。


 ■実績報告(3月末日までに提出)

  • 工事が完了したときは、速やかに志布志市住宅リフォーム助成事業実績報告書に次の書類を添えて提出してください。
  • 請求明細書の写し
  • 領収書の写し
  • 工事実施後の現況図面
  • 工事施工中及び完了後の写真
  • その他 条件により必要となる書類

 

 ■請求書の提出
  ・志布志市住宅リフォーム助成金交付請求書を御提出ください。

 

〇〇〇 申請書ダウンロード 〇〇〇

 


■申請書等の提出先
有明支所:志布志市有明町野井倉1756番地
     建設課 都市政策推進室 099-474-1111(内線454)

お問い合わせ

建設課
都市政策推進室 建築係
電話:099-474-1111
ファクシミリ:099-474-0466