志布志市はプラスチックスマートに参画しています

2019年3月19日

 「プラスチック・スマート」とは、ポイ捨てなどにより回収されずに河川などを通じて海に流れ込む「海洋プラスチックごみ」が世界中で日々大量に発生し、長期にわたり海に残存している現状を踏まえ、2050年までに海洋中のプラスチックごみの重量が魚の重量を上回るなど、地球規模での環境汚染が懸念されるため、個人・企業・団体・行政などのあらゆる主体が、それぞれの立場で出来ることを行い、プラスチックと賢く付き合っていく取組みです。

 

 「海洋プラスチックごみ」は世界では800万トン日本からも年間2~6万トン近く流れ出ていると推計されています。また、細分化し約5ミリ未満になったプラスチックをマイクロプラスチックと呼ばれ有害物質を吸着しやすいという性質を持っています。魚が有害物質を吸着したマイクロプラスチックを食べ、その魚を人間が食べることによりマイクロプラスチックを取り込むことにつながります。

 

 使い捨てのプラスチックを使うことを控え、「マイバック」「マイボトル」を使用し少しでも海洋ごみにならないような取組みも広がりつつあります。

発生を減らすには、ワンウェイの物を使用せず「ごみのポイ捨て」「きちんとした分別排出」など身近に取りかかれる取組みです。ぜひこの機会に身近にできるお取組みを考え実行してみましょう。

 

プラスチック・スマート環境省公式ホームページ

http://plastics-smart.env.go.jp/

お問い合わせ

市民環境課
電話:099-474-1111