行政評価に取り組んでいます

2021年7月15日

 市では、仕事の質の向上や効率化を図るために、平成20年度から「行政評価制度」に取り組んでいます。
限りある財源の中で、より一層市民の皆様に満足していただくため、効率的・効果的な行政経営が求められています。

「行政評価」とは?

 市の仕事を本来の目的や市民の視点で点検・見直すことにより、その結果を次年度以降の「計画」や「実施」に反映させることです。
そのために、「その仕事が本当に必要なのか」、「いくらの費用を使って、どれだけの効果があるのか」、「もっと良くするためにはどうすればよいのか」など、市の仕事そのものを考え直すことが必要となります。


令和2年度の事務事業を振り返り、事後評価結果を事務事業マネジメントシートにて公表いたします。なお、事業費100万円未満、国県補助金等100%充当、負担金等については一覧表により内容を省略して作成しております。

■各課毎の事務事業マネジメントシート

本庁 支所
総務課 市民税務課(志布志支所)
財務課 福祉課(志布志支所)
企画政策課 地域振興課(有明支所) 
情報管理課 総務市民課(松山支所)
港湾商工課 産業建設課(松山支所)
税務課
市民環境課 教育委員会
福祉課 教育総務課 
保健課 学校教育課 
農政畜産課 生涯学習課 
耕地林務水産課  有明教育分室 
建設課 松山教育分室 
会計課
水道課
農業委員会
議会事務局
監査委員事務局
選挙管理委員会

 令和2年度で行った事務事業を、令和3年4月1日以降に振り返りを行い、令和3年7月1日現在で作成した調書となっています。